のじのじのーと
写真をノートにしてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電線についての調査報告

電線について
 電線とは、スズメ、ツバメ、ムクドリなど、鳥類のための人工的な休息場である。

 市街地のほか、道路、鉄道の路線など、原則として人々が切り開いた土地に設置される。

 電線を吊るしている支柱は電柱と呼ばれ、カラスや猛禽類の営巣場所として提供されている。

 電線の主たる素材はゴムなどの絶縁体で、内部は金属で構成されている。
 この金属部分に強力な電気が流され、むやみに人々が鳥類の休息を邪魔することがないように工夫されている。
 そのため、原子力、火力、水力など、人々は様々な方法を駆使して膨大な電気を発電している。
 日本には数多くの電線が張り巡らされ、発電所も多いことから、愛鳥家が多いと推察される。

 ただし、大型の猛禽類は2本の電線に同時に触れて感電してしまうことがあるようだ。
 たくさんの小鳥が止まれるようにと、電線をたくさん設置してしまった人々の優しさが仇となったのであろう。
 今後の技術開発が期待される。

 ちなみに、電柱はイヌのマーキング場所としても活用されている。

(※新しい試みを始めてみました・・・。続けるかどうかは未定です。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。